レディー

成功する不動産運用のためのランキング|マンション管理会社も調べる

リスクのない賃貸経営

模型

空室リスクから解放される

賃貸経営を行うにあたりリスクとなるのが空室です。どれだけしっかりと建物の管理を行っていても、空室が出来る時というのは必ずあります。ですが、最近はそうした賃貸経営においてリスクとなる空室を気にせず収入だけ得られるサブリースが登場し、その人気は右肩上がりとなっています。サブリースとは、物件を一括して賃し出す方法のことです。空室が発生しても毎月一定の賃料を得ることが出来るので、賃貸経営を行う上で心配する空室リスクから解放されることが出来ます。そして、もちろん入居者の管理や退去時の修繕箇所の確認等も引き受けてもらえるので、オーナーとして物件を貸し出す側はなにもする必要がありません。このようなリスクからの解放、手間をかけずに収入を得られるということからサブリースの人気は高まりを見せています。

経費計算が楽になる

サブリースの利用には空室リスクを気にせず安定した収入を得られるということ以外にも利点があります。自分で物件自体を管理し賃貸経営を行う場合、細かな経費計算を行わなければなりませんが、サブリースの場合はサブリース会社との間の賃貸契約となるので経費計算がとても楽になります。そのため毎年行わなければならない確定申告もスムーズに行うことが出来ます。自身で賃貸経営を行うのであれば、入居者一人一人についての情報や一部屋ごとの家賃収入など確定申告の内容も細かくなってしまいますので、このような経費計算が楽になるというのは大きな利点であると言えます。サブリースにはこうした魅力ある利点がありますので、これから賃貸経営を始めようと考えている方はサブリースの利用も検討してみることをお勧めします。