レディー

成功する不動産運用のためのランキング|マンション管理会社も調べる

適切に運用するためには

積み木と紙幣

管理の内容

マンションは賃貸にしても分譲にしても集合住宅であり、1つの建物に複数の世帯が居住するものです。このため建物の維持管理はその建物を保有しているオーナーや、所有権を持つ人が行うことになります。これらの管理は賃貸の場合にはオーナーが行うことになりますが、分譲の場合には所有権を持つ人がマンション管理組合の組合員となり、維持管理に対する責任を負うことになります。マンション管理の内容としては、日頃の清掃活動からエレベーターなどの定期的な保守管理などです。また設備が故障したり破損した場合の修理の手配なども行わなければなりません。これらをオーナーや組合員が行うのには無理があるので、一般的にはマンション管理を行う専門の会社に委託することになります。

外部委託するポイント

マンション管理を外部に委託するといっても、その内容はさまざまです。すべての問題を一括管理してもらうものから、部分的に管理を行ってもらうといった違いがあるためです。一括管理をすると面倒なことはマンション管理会社が一切を行ってくれるので金銭的な負担だけで済ませることが可能ですが、建物で発生する問題に対して意識が薄れ、大きな問題を見過ごすリスクがあります。ただ大型分譲マンションともなると組合員の数が膨大になるため、すべて委託をした方が効率よく運用できるケースもあります。一方でマンション管理でもっとも多いのが部分的に管理を行ってもらうというものです。日頃の清掃や最小限の設備のメンテナンスを行ってもらい、大きな問題が起こればその都度、問題解決方法を考えるというものです。金銭的な負担は減りますし建物に対する意識も向きますが、基本的にはマンション住民は建物に関しては素人であるため意識が向かずに問題が放置されるリスクもあります。